サポート内容
⇒Officeソフトの操作方法・スキルアップや資格取得・パソコントラブルなど。
サポート方法
⇒おもに企業様や個人ご自宅への訪問サポートを行っています。
訪問サポート対象地域
⇒大牟田・みやま・柳川・大川・筑後地区・熊本県荒尾・長洲・玉名地区、他。
※他地域の方も対応いたします。

パソコンのことで困っている・・・という方、ちょっとしたことでも結構です。
お気軽にご連絡ください。ご相談・お問い合わせは " 無料 " です。

ご連絡はこちらまで
 Mail  お問い合わせフォーム
 TEL  090-1870-3024 (服部 勝寿 Hattori Katsuhisa)

2010年03月15日

おもしろタイピングゲーム


暇だったので、ネットをダラダラと見ていたら、

おもしろいタイピングゲームを見つけました。

その名も…

"くどき文句タイピングゲーム"


HPはコチラ↓↓(画面右下の 「タイピングスタート」 をクリックします)
http://www.clovera.sakura.ne.jp/typing/type-kudoki/type.cgi


60秒間、「くどき文句をタイピングし続ける」というゲームです。

定番のプロポーズの言葉や映画・ドラマの名シーンで使われた

言葉などをタイピングしていきます。

「一生オレのパンツを洗ってくれないか」
「ブラのホックは恋の知恵の輪」

などのセリフもあります…(下ネタかよっ!)

男女問わず楽しめるゲームです。

このゲームでタイピング力をアップしましょう~(^^)

  


Posted by 服部 勝寿 at 15:41Comments(0)タッチタイピング

2009年09月03日

タイピング練習ソフト

タッチタイピングの練習は、1人で自宅で黙々とやっていると
なかなか長続きせず、つい、妥協してしまいがちです。

もっと楽しく練習が出来たら…

そんなあなたにお勧めなのが、タイピング練習ソフトです。
ゲーム感覚で練習できるたくさんのソフトが出回っており、ネットからもフリーで
ダウンロードできます。
私が使っていたのが、以下の2つのソフトです。
画像にリンクを張っております。
興味のある方は、アクセスしてみて下さい。

★みかタイプ
初めてタッチタイピングを練習する人向けのソフトです。
ホームポジションの位置から、しっかり練習しましょう!

みかタイプ


★OZAWA‐KEN
格闘ゲーム感覚で、練習できます。
ある程度、タッチタイピングが身についてきたらやってみましょう。
素早く正確に入力しないと、負けてしまうので、自然とタイピングスピードが身につきます。

OZAWA‐KEN  


Posted by 服部 勝寿 at 22:06Comments(0)タッチタイピング

2009年09月03日

キーボード配列表

タッチタイピングをマスターするためには、キーの配列を覚え、
「どの指でどのキーを押すか」の指の分担を知ることが大事です。

キーの配列は、どのパソコンでも変わりませんので、
自宅のパソコンでしっかり配列を覚えましょう。

最上段の「数字キー」は、とりあえずパスして構いません。
(数字はテンキーからも入力ができますので…)
まずは、アルファベット(A~Z)26個のキーを覚えましょう。

タッチタイピングに欠かせないのが「ホームポジション」です。
ホームポジションとは、最初に指を置いておく基本位置です。
このホームポジションの位置からタッチタイピングをスタートします。

キーボード配列表

↑↑クリックすると、別ウィンドウが開きます。印刷してお使い下さい。
  


Posted by 服部 勝寿 at 00:03Comments(0)タッチタイピング

2009年08月31日

タッチタイピング

えー、今日はちょっとマジメな話しを…

パソコンで文字入力をする時、キーを見ながら入力していませんか?

タッチタイピング

キーを見ながら入力をしている…という方には、
タッチタイピング(キーボードを見ずにキーを打つこと)の習得を
お勧めします!(^。^)

慣れるまでは大変かと思いますが、練習をすれば必ず身につきます。

キーを見ながらの入力では、10分間で400文字程度の入力が限界といわれています。
が、タッチタイピングを習得すると、練習しだいでは、
10分間で1,000文字以上の入力が可能となります。

<タッチタイピングのポイント>
1.まずは「キーの配置」を覚えましょう(アルファベット26個のキーの配置)。
2.どのキーをどの指で打つかを繰り返し、辛抱強く練習します。
※ 最初は思うように指が動かずに、もどかしいかもしれませんが、10時間ほど
  練習をすれば、自然と指が動くようになってきます。

<練習のポイント>
1.ホームポジション(右手の人差し指を「J」に、左手の人差し指を「F」)に指を置きます。
2.絶対に下(キー)を見ないこと。下を見るクセを絶対につけないこと。
3.早く打とうとせず、まずは正確に入力することを心がけましょう。
※ ゆっくりでも正確に入力ができるようになれば、スピードは自然と身につきます。

チャレンジしてみましょう!

  


Posted by 服部 勝寿 at 20:57Comments(0)タッチタイピング