サポート内容
⇒Officeソフトの操作方法・スキルアップや資格取得・パソコントラブルなど。
サポート方法
⇒おもに企業様や個人ご自宅への訪問サポートを行っています。
訪問サポート対象地域
⇒大牟田・みやま・柳川・大川・筑後地区・熊本県荒尾・長洲・玉名地区、他。
※他地域の方も対応いたします。

パソコンのことで困っている・・・という方、ちょっとしたことでも結構です。
お気軽にご連絡ください。ご相談・お問い合わせは " 無料 " です。

ご連絡はこちらまで
 Mail  お問い合わせフォーム
 TEL  090-1870-3024 (服部 勝寿 Hattori Katsuhisa)

2017年10月20日

ページ数を確認する

ワードでは 『 ステータスバー 』 で文書全体のページ数や

現在何ページ目を表示しているか?などを確認できます。


ワード画面下部の ステータスバー を確認します。

※ ステータスバー にはページ に関する情報が表示されます。


この文書の場合は、

文書全体は17ページ、現在表示しているのは7ページ目、

ということが確認できます。


  


Posted by 服部 勝寿 at 11:22Comments(0)Word2013

2017年10月19日

文書中の文字数を確認する

ワードでは 『 ステータスバー 』 で文書中の文字数を確認できます。

※ワード画面下部の青いバーを 『 ステータスバー 』 といいます。






もし文字数が表示されていないときは、

ステータスバーで右クリックして [ 文字カウント ] をクリックします。



文書中の一部分を選択すると、



選択した部分の文字数だけを確認することもできます。

この場合、文書全体は541文字、選択した部分は248文字となります。



  


Posted by 服部 勝寿 at 08:41Comments(0)Word2013

2017年10月18日

最近使った文書を非表示にする方法

ワードやエクセルでは、最近使ったファイルの一覧が表示されます。

過去に使ったファイルを開くときやよく使うファイルは、

最近使ったファイルの一覧から開くことができます。


1台のパソコンを複数の人で使っている場合に、

自分が使ったファイルを見られたくないという時は、

一覧から個別に削除することができます。

また、最近使ったファイルの一覧自体を非表示にすることもできます。



【操作手順】

・最近使ったファイルを個別に削除する方法

ファイル(タブ) をクリックします。



最近使った文書の一覧が表示されます。



削除したいファイルを右クリックして 「 一覧から削除 」 をクリックします。



一覧から削除されていることを確認します。




・最近使ったファイルの一覧自体を非表示にする方法

ファイル(タブ) をクリックします。



[オプション] をクリックします。



「Wordのオプション」 画面が表示されます。

画面左側の「詳細設定」をクリックして、

「表示」グループの「最近使った文書の一覧に表示する文書の数」の値を「0」にして「OK」ボタンをクリックします。



「最近使った文書」の一覧が非表示になったことを確認します。




【補足】

「最近使った文書の一覧に表示する文書の数」の値を変更すると、

再び文書の一覧が表示されます。
  


Posted by 服部 勝寿 at 08:52Comments(0)Word2013

2017年10月17日

数字を縦に表示する 縦中横

ワードで縦書きの文章を入力するときに、

半角数字を入力すると、数字が横になってしまいます。

数字を縦にするには、『 縦中横 』 という機能を使います。


【操作手順】

数字を選択します。



ホーム(タブ)の [ 拡張書式 ] をクリックします。



[ 縦中横 ] をクリックします。



[ 縦中横 ] のダイアログボックスが表示されます。

プレビューで数字が縦になっていることを確認して
[ OK ] ボタンをクリックします。



数字が縦に表示されます。



  


Posted by 服部 勝寿 at 08:54Comments(0)Word2013

2017年10月16日

文字間隔の設定

文字の間隔を広くしたり狭くしたりすることができます。

タイトルを1行に収めたいのに、2行になってしまう場合などに

調整すると便利です。


【操作手順】

文字を選択します。



ホーム(タブ) 【 フォント 】 グループの [ ダイアログボックス起動ボタン ] をクリックします。



【 フォント 】 ダイアログボックスが表示されるので、[ 詳細設定(タブ) ] をクリックします。



[ 文字間隔 ] から [ 狭く ] をクリックして [ OK ] ボタンをクリックします。



文字間隔が狭くなり、タイトルが1行内に収まります。



【補足】

[ 狭く ] をクリックしたあとに [ 間隔 ] のpt数値を上げると、更に文字間隔を狭くできます。






ただし文字間隔を狭くしすぎると、文字が読みづらくなる場合もありますので、

体裁よく調整しましょう。


  


Posted by 服部 勝寿 at 08:57Comments(0)Word2013

2017年10月13日

Windows アップデート

教室のPCをアップデートしました。


アップデートのあと、IE を起動すると、画面下部にメッセージが。


「Internet Explorerは、タブを別の行に表示するようにアップデートされました。
これを変更するには、いつでもタブを右クリックして、[ 別の行にタブを表示 ] のチェックを外します。」


通常、タブは画面左上に表示されています。



タブを右クリックして [ 別の行にタブを表示 ] のチェックを外してみると、



タブが、アドレスバーの右側に表示されました。



画面を少しでも広く表示させるための機能なのでしょうか、、、

まぁ、こういうこともできるということで、、、

  


Posted by 服部 勝寿 at 08:53Comments(0)Windows 7

2017年10月12日

プロポーショナルフォントとは

フォント(書体)には [ MSP ] と [ MS ] というものがあります。


例えば、

ゴシック体には [ MSP ゴシック ] と [ MSゴシック ] があります。

明朝体にも [ MSP 明朝 ] と [ MS明朝 ] があります。



[ MSP ] のことを 『 プロポーショナルフォント 』 といいます。




プロポーショナルフォントは、文字幅によって文字間隔が変わります。

例えば、「 WIN 」 と入力した場合、

『 W 』 『 I 』 『 N 』 では、それぞれ文字幅が違うため、

文字間隔も変わります。




[ MS ] フォントは、すべての文字間隔が同じになります。




一般的には、プロポーショナルフォントの方が読みやすいと言われていますが、

文章に応じて体裁よくなるように使い分けるといいでしょう。

  


Posted by 服部 勝寿 at 08:46Comments(0)Word2013